日本のカジノ

日本のカジノは、ラスベガス、シンガポール、マカオなどのカジノ地を圧倒できるでしょうか。というのも、パチンコ(ピンボールマシンタイプのギャンブル)による収益は、それら3つのカジノ地の収益の合計よりもはるかに多いのです。

日本は国土こそ小さいものの、周知のとおり最大級の経済力とビジネス力を備えた、文化的に豊かで技術的に進歩した社会の1つです。日本は先進国ですが、国土に根ざした文化や風習もまだ残っています。世界の大部分では合法的にギャンブルが受け入れられていますが、日本ではまだその概念は受け入れられていません。競馬やある種のモータースポーツなどのいくつかのゲームを除いては、ギャンブルは厳しく禁止されていますが、その主な理由は依存症です。日本政府は、人々がギャンブルのようなルーティーンに重度に依存し、ほとんどの時間をギャンブルに費やしてしまうということがわかっているのです。

とはいえ、パチンコは日本全国で広く遊ばれています。このピンボールの親戚のようなゲームを最初に発明したのはフランスだと主張する人もいます。その後、1920年に、シカゴのゲームメーカーにより日本でのパチンコの流通が増加しました。それ以降、パチンコは日本中どこでも見られるようになりました。ギャンブルに関する日本の法律は非常に厳しく、刑法第23条によると、日本ではギャンブルが完全に禁止されています。パチンコは厳密に言えばギャンブルではありませんが、日本人に非常に好まれているビリヤードタイプのゲームです。

 日本のカジノ

パチンコは刑法の対象とはなっておらず、ギャンブルの一種ともみなされていないので、ギャンブラー達は皆、安堵のため息をついています。パチンコがギャンブルとみなされていないのは、金銭や文化などのさまざまな理由があるからです。2018年のパチンコによる消費は2000億ドルでした。これに加えて、日本人は余暇の半分近くもの長い時間をパチンコ屋で過ごすことで知られています。

一方、2018年までは日本に合法カジノはありませんでした。しかし、2018年に3つのカジノが日本で承認されました。これら3つのカジノは、大阪、横浜、そして東京にあります。これらのカジノは統合型リゾート(IR)の中の一施設としてオープンしましたが、そこには従わなければならないいくつかのルールが存在します。IRはカジノを訪れる人々にさまざまな制限を設けました。 そのような制限の1つとして、地元の日本人は週に3回または月に10回しかカジノに入場できないということが挙げられます。一方、他所から訪れる日本人は入場料として6000円を支払わなければなりません。政府によって設けられたこれらの制限は、依存症を防止するために実施されています。

最近、2020年1月には、日本政府によってカジノ管理委員会が新設されました。この委員会は、日本のすべてのIR経営者を監督および管理しており、またカジノにライセンスを付与するためのすべての手続きを担っています。

こういった日本の法律の改正からオンラインカジノといった新ジャンルギャンブルも参入してきました。

INTERCASINOはそういったカジノの筆頭です。

ここで冒頭の問題に戻りますが、カジノが成功するとはとても思えません。パチンコはラスベガス、マカオ、シンガポールなど、世界中のさまざまなカジノ都市よりも多くのギャンブル収益を生み出したのです。日本政府によって課せられたさまざまな制限もあり、世界の他の地域のようにカジノを大きく成長させることは困難でしょう。

 

著作権   © 2020 Shinkoiwa Katorijinjya | 全著作権所有

Log in with your credentials

Forgot your details?