パチンコの成功 : ラスベガス、マカオ、シンガポール の合計ギャンブル収益を超えた?

日本の文化と言えば、エンターテインメントやゲームへの情熱で有名です。ソニー、カプコン、コナミ、任天堂、バンダイナムコといった有名企業はいずれも日本に本社を構えます。しかし、最も人気がある娯楽は国境を超えることはなかったようです。

もちろん、私が言っているのはパチンコのことです! 世界中の人々が、パチンコ店で運試しをするために日本を訪れます。ご存知の通り日本ではあらゆる賭博は禁止されており、実店舗のカジノは存在しません。そのため多くの人がギャンブルを楽しむために同じアジア近隣諸国のシンガポールやマカオを訪れます。

しかし、今日は興味深い事実をお伝えしましょう!マカオ、シンガポール、ラスベガスの3都市の年間ギャンブル総収益を上回る金額がパチンコに賭けられていることをご存知でしたか?信じられないような話ですが、これは事実なのです。ギャンブルが禁止されている国なのにもかかわらずですよ!

 

パチンコとは?

パチンコとは西洋のピンボールによく似たゲームで、小さな金属のボールをさまざまな障害を抜けて所定の穴に落とすのが基本的なルールです。マシンは垂直型で、ゲームゾーンに入る前に、前もってお金を払って玉を借りる必要があります。

最近では古いパチンコ機に代わって新しいマシンが登場しており、レバーの代わりに、玉を打ち出す強さを操作できる回転式のハンドルが一般的です。

また、パチスロと呼ばれるスロットマシンもあり、多くのホールで目にします。パチスロの場合は3つのリールとボタンがあり、ボタンを押すとリールの回転が止まるのが特徴です。パチンコやパチスロは日本で非常に人気がありますが、これらのゲームでお金を得ることは、基本的にはできません。

各パチンコ店やパチスロ店には専用の交換所があり、獲得した玉はタバコなどの景品に交換可能です。パチンコ店は点滅するネオンサインや派手な照明で目につきやすいのが特徴です。

店内は騒がしく、混み合っており、パチンコ玉の音が聞こえてきます。スリルと興奮を味わえるパチンコ店をぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。 

 

パチンコ産業について

パチスロやパチンコの人気が高まっているのは、大半のギャンブルが違法であることが多少は関係していると思われます。しかし、少なくとも最近の法律には変化が見られます。

パチンコは本当のギャンブルではないと考える人もいますが、とても楽しいものであることには違いありません。

ある推計によれば、日本人の11人に1人が週に1度はパチンコをしており、その業界売上高は349億ドルにも上ります。これはマカオやネバダ州よりも多い数字です。パチンコ店最大手はダイナムであり、パチスロ・パチンコ機製造メーカーの最大手は、ユニバーサルエンターテインメントであることもお伝えしておきましょう。この業界にメーカーや開発者が多いのは、この業界の可能性をよく理解しているからです。

2018年の中間報告によると、ダイナムグループは最初の半年で6億7,290万ドルの売上を達成しています。一方、主要なゲームデベロッパーであるNetEnt(ネットエント)は2018年に1億8690万ドルの収益を報告しています。オンラインの場合はアクセスしやすいのが特徴です。

これら2つの業界は、方向性は異なるものの、日本に巨額の利益をもたらしています。

2024年には世界のゲーミング市場は約944億ドルと2017年の2倍以上に上ると予測されており、パチンコ産業は重要な役割を果たしています。2016年におけるパチンコの評価額は約2050億ドルでしたが、今後もその数字は伸び続けることが予測されます。