新小岩厄除香取神社

小松菜の産土神

享保四年(一七一九年)八代将軍吉宗が鷹狩りの食事をする時、その場所として当神社が選ばれ、時の神主亀井和泉守永範がお役を受けました。
しかし、これといって差し上げるものもなく、餅のすまし汁に青菜を少々彩りとしてあしらって差し出すと、吉宗は大変喜ばれ、その葉をこの地にちなんで「小松菜」と命名されたと伝えられています。


香取神社|新小岩|神社|厄除 香取神社|新小岩|神社|厄除