新小岩厄除香取神社

お詣りの作法

神社は神様の鎮座する神聖な場所であるため、参拝をする場合は敬虔な気持ちを抱き、心身ともに清浄であることを心がけましょう。

神社の入口に立つ鳥居は神域を区画する神門であり、また鳥居に掛けられた注連縄(しめなわ)や紙垂(しで)も聖域の境界を示す調度であるので、その参入や退出のときには軽く伏す会釈の小揖(しょうゆう)(十五度程度)をする心遣いが望まれます。

社殿まで延びる参道では神様の正面である正中(せいちゅう)を避け、静かに謹んで参進し、社殿の手前の手水舎(てみずしゃ)で自ら身体を清める必要があります。

手水の標準的な作法は次の通りです。

  • 手水舎に入り、小揖の後、まず右手で柄杓(ひしゃく)に清水を汲み、左手にそそぎます。
  • 柄杓を左手に持ち替え、同様に右手にそそぎます。
  • さらに柄杓を右手に持ち、左の手のひらに水を受けて口をすすぎます。
  • (このとき、柄杓に直接口を付けることは不作法とされます)
    口をすすぎ終わったら再び左手に水をそそぎます。
  • 最後に柄杓を立て、柄に水を流して清め、元の位置に伏せて置き、小揖をして手水舎より出ます。
香取神社|新小岩|神社|厄除

神前で祈願をする際は、まずその真心の表現として賽銭(さいせん)を奉ります。賽銭は神様への捧げ物のひとつで、古くは米を紙に包んだ「おひねり」が一般的でしたが、次第に現在のような金銭に変化してきました。
賽銭を供えて、拝殿の向拝(こうはい)に掛けられた鈴を清らかに鳴らし、祈念を込めて「二拝二拍手一拝」の神拝作法で拝礼をします。
特別な祈祷や正式参拝を行なうときには、拝殿に昇殿して玉串(たまぐし)を奉って拝礼をする場合があります。
拝殿へは小揖をしてから参入し、神様の正面の正中を避けるように畏まって席に着き、神前に参拝をするに先立って、まず修祓(しゅばつ)により心身を祓い清めます。
神職が祓詞(はらえことば)を奏上している間は、謙虚な気持ちで深い平伏(六十度程度)で伏し、引き続き大麻(おおぬさ)や塩湯(えんとう)で祓を受けるときは、浅い平伏(四十五度程度)の姿勢が適当とされます。
修祓が済んで拝礼の行事を行なう祭には、神前に玉串を奉奠(ほうてん)します。
玉串は榊(さかき)などの枝に紙垂(しで)や木綿を付けた形態で、拝礼のとき、敬意を深めるために幣帛(へいはく)として奉りますが、神霊(みたま)が宿り神威が通じるものとも解釈されるので、慎重に取り扱うことが必要です。
玉串を奉って拝礼をする作法は次の通りです。

  • 神職より玉串を進められたら、右手で玉串の下部を上より、左手で上部を下より執り、胸の高さに左高に捧げ持ちます。
  • 小揖をして席を立ち、神前の玉串案の前まで進みでて深揖します。
  • 玉串を立てて、左手を下げて両手で本(もと)を持ち、祈念を込めます。
  • 右手を放し、葉先を右へ回しながら、右手で玉串の中程を裏より執り、本(もと)を神前に向けて左手を添えて案上に奉ります。
  • 二拝二拍手一拝の作法で拝礼し、深揖の後、神前を退きます。

昇殿参拝を終えて拝殿を退出する祭には、神前に供えた神酒を共食して直会(なおらい)の義を行ないます。
直会は神様の霊威や生命力を戴くとともに、厳粛な神事での緊張した心身を徐々に通常の状態へと戻す効力があります。
参拝作法とは、神様に対する人間の誠意の心がひとつひとつの所作として表れたもので、神様に接する最も鄭重な作法です。礼儀正しく神前に額突く姿が大切です。